渡部康浩の顔画像とプロフィール 警察官が薬物に溺れたわけは?現場と動機

≪追記≫  2018/06/13

■ 驚き!覚醒剤はネットで購入

警視庁荏原警察署の交通課長が

覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、


課長は覚醒剤の入手先について

「インターネットで購入した」と供述

———————————————————

警視庁は11日、警視庁荏原署で交通課長をする

現役の警察官を覚せい剤取締法違反で逮捕した。

逮捕されたのは渡部康浩容疑者(50)です。


渡部康浩容疑者は警視庁荏原署交通課長という

重責を担いながらなぜ薬物に溺れてしまったのか?

スポンサーリンク

■記事の概要

逮捕容疑は5月下旬~6月11日までの間、

東京都内や神奈川県内、

またはその周辺で覚醒剤を使用したとしている。

同庁によると、今月8日から勤務中の言動に

不自然な点があったことなどから11日、

任意で尿検査を行ったところ、

覚醒剤の成分が検出された。

引用;産経新聞

スポンサーリンク

■渡部康浩容疑者 プロフィール

名前:渡部康浩

年齢:50歳

住所:神奈川県横須賀市

職業:警察官 (警視庁荏原警察署交通課長)

■渡部康浩容疑者顔画像

渡部康浩容疑者の顔画像は公表されていません。


こちらで渡部康浩容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■犯行現場


警視庁荏原警察署

「9日に自宅近くのサウナで覚醒剤を注射で使用した」

などと容疑を認めている。

引用;産経新聞

勤務中に不信な言動あったため尿検査を行ったところ、

覚醒剤の成分が検出されたという。


警察官が勤務中に覚せい剤を

使用していたとは驚きとしか言いようがない。

都民と納税者に対する裏切りで本人はもとより

警察幹部に猛反省をしていただきたい。

■犯行動機

警視庁の交通課長といえば要職である。

当然、仕事も多忙であったと思う。

いろいろ心労も多かったのだろうが・・・・・

なぜ覚せい剤に溺れたのだろうか?

・興味本位で手をだした。

・疲労回復の薬だと人に勧められた・・・

など、理由はあるだろうが今となっては

言い訳は通用しないのは当り前である。

薬物の恐ろしさを啓蒙し取り締まる側が

なぜ薬物に染められたのか?

今後の取り調べで解明されるでしょうか?

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫

引用;Yahoo ニュースより

ミイラ取りがミイラになった典型的な例だと思う。

覚醒剤の怖さは一番知ってる筈なのに…
課長職なら給料も悪くないし。
入手ルートはどうなんだ?
普通に生活してると、まずルートが無い。

なんでこんなことが起こるんだろう。

警察官の犯罪ほど、自分たち警察への裏切として厳しくやったら良いと思う。

Twitter 

薬物の恐ろしさは一番よく知っている警察官であるがゆえに

取り締まる側の警察官の薬物使用は衝撃です。

今後は使用の経過を暴きこのような醜態を二度と起こさぬよう

綱紀粛正を徹底し職に励んでもらいたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする