富岡恵美子 顔画像 藤井聡太棋士のサイン色紙を偽造販売!

今、売り出し中の高校生棋士の

藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を勝手に

自分で偽造しフリーマーケットアプリ上で販売をして

派遣社員富岡恵美子容疑者(43)が詐欺容疑で逮捕されました。

■記事の概要 

偽造にしてはあまりにも似ていない偽造サインですので

知ってる人ならすぐわかるぐらいのお粗末な偽物です。

” 瀬戸署によると、富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、

藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で

大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、

5670円をだまし取った疑いがある。

藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、

今回の偽物も詰将棋が書かれていた。

男性は偽物と知らずにネットオークションで転売。

落札されたのを見つけた愛知県瀬戸市の

男性から情報提供があり、県警が捜査していた。

県警が藤井六段本人に真偽を問い合わせると「筆跡が違う」

「持ち駒の香車の数が違う」などと回答があったという。”

引用;朝日デジタル

出典;NNN

スポンサーリンク

■富岡恵美子容疑者 プロフィール

名前:富岡恵美子

年齢:43歳

住所:東京都文京区

職業:派遣社員

スポンサーリンク

■富岡恵美子容疑者 顔画像

こちらで富岡恵美子容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

本人と思われるアカウントを特定することができませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

≪ネットの反応≫

いくらなんでもこの色紙のサインは酷いな、、、

買った方もよくこれを買う気になったと思う。

ただ裏を返せば、それほど藤井六段のネームバリューは

高いものになったのだと実感する。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

本人に目の前で書いてもらうのが

間違いないですね 。

引用;Yahoo ニュースより

■まとめ

インターネットでの

有名人のサインや色紙などの偽物か本物かは

実のところは買う側もはっきり確信が持てない

っていうのが本当のところじゃないかと思います。


初めから偽物とわかっておれば誰も買いませんから

結局は買い手は売る側を一方的に信頼し

信用しなければ買うことは出来ません。


今回の事件では買った方も転売目的で買ったようで

偽物とは知らずまた次に転売・・・・

今回は発覚して詐欺事件になりましたが

もし発覚していなければ

最後に所有した方は家宝のように所有していても

ただのクズ色紙ってことになります。

本当にファンでサインなり色紙が欲しいのであれば

どこかのサイン会に出掛けて本人を目の前にして

本人に書いてもらうのがいちばん正しい方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする