渡丸誠二の顔画像とプロフィール 老人性小児性愛者か?余罪は?現場と動機

群馬県警は小学生の女子児童に対して

体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、

群馬県高崎市の派遣社員・渡丸誠二容疑者を逮捕した。

その他、複数の女子児童が被害を訴えているため

余罪を調べています。

スポンサーリンク

■記事の概要

出典;JNN

今年4月から5月までの間、

高崎市の公園で小学5年生の女子児童(10)に対し、

体を触るわいせつな行為をした疑いが持たれています。

警察によりますと、先月29日、

渡丸容疑者を別の女子児童に対する暴行の疑いで逮捕し、

捜査を続けた結果、今回の犯行が明らかになったということです。

引用;JNN

スポンサーリンク

■渡丸誠二容疑者 プロフィール

名前:渡丸誠二

年齢:69歳

住所:群馬県高崎市

職業:派遣社員

■渡丸誠二容疑者 顔画像

出典;JNN

こちらで渡丸誠二容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■犯行現場

出典;JNN

高崎市

高崎市の公園

報道によれば高崎市の公園となっていますが

多くの公園が存在していますので今のところ

どこの公園での犯行なのか特定できません。


余罪がありそうなので

現在、警察が取り調べ中です。

■犯行動機

渡丸誠二容疑者は69歳

年齢を重ねても小児性愛者の癖は抜けないようです。

逮捕して拘束してもいずれは社会復帰してきます。


また、野放し状態で社会に存在することになり

再犯も考えられるのが今の現状です。

異常性癖は病気として社会も本人も受け入れ

治療することが大事であり処置ではないでしょうか?

アメリカでの一部の州においては、

常習の性犯罪者は性欲を抑制する薬を強制的に投与し続けて、

GPSを埋め込んで所在を常に監視するらしい。


方法の一例として考えてもいいのではないでしょうか?


犯罪者の人権も大事なのでしょうが・・・・

日本の将来を背負う子供を犯罪から守り、

人権をも守ることはもっと大事なことではないのでしょうか?


二度と犯罪を起こさせないシステムを作り運用することが犯罪を防ぎ

彼らの人権擁護にもなるのではないのでしょうか?

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫

これだけ未成年者への性被害が再犯で起こるなら
再犯者にGPSをつけることを真剣に考えないといけないだろう。
犯罪は成功するとエスカレートする。
だから再犯者が殺人まで行ってしまうケースがある。

引用;Yahoo ニュースより

ロリコンが多い、子供は男女とも危険な時代になった

引用;Yahoo ニュースより


え?え?なんで?
どうして幼児に興味があるの?
意味が分からないんですけど、、、

引用;Yahoo ニュースより

じいさんが小学生にかあ、、、
気持ち悪すぎ

引用;Yahoo ニュースより


大変言葉は悪いが、二度と社会に復帰して欲しくない。

引用;Yahoo ニュースより


小児性愛者は病気なので、
犯罪を1回でも犯したら名前と住所、
地域にわかるようにしてほしい。

引用;Yahoo ニュースより

Twitter 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする