田仲裕之容疑者 顔画像 父親を包丁で刺殺 親子関係に何が?

親子関係に何があったのだろうか?・・・・

栃木県宇都宮市で11日の夜父親を包丁で刺殺する事件がありました。

住宅街での殺人事件、しかも親子関係である。

何のトラブルがあったのか現在は不明ですが・・・・・

父親を殺すという究極の選択をした息子の動機はまだ解明されていません。

■記事の概要 

残念な事件です。

息子が同居の父親を刺殺という悲惨で痛ましく残念な思いです。


”逮捕されたのは宇都宮市の派遣社員、田仲裕之容疑者(32)で

11日午後8時ごろ、自宅で同居する父親の俊昭さん(53)の腹を包丁で刺し、

殺害しようとした疑いがもたれています。

俊昭さんは病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

警察によりますと、田仲容疑者は父親を刺したことは認めていますが、

殺意については否認しているということです。

警察は家族の間に何らかのトラブルがあったとみて、

容疑を殺人に切り替えて調べることにしています。”

引用;JNN

出典;JNN

スポンサーリンク

■田仲裕之 プロフィール

名前:田仲裕之

年齢:32歳

住所:栃木県宇都宮市

職業:派遣社員

出典;JNN

■親子関係

他人には分からないことなのですが・・・

親子といえども両者とも子供じゃないから

話合えばある程度は理解が出来そうだと想像しますが・・・

高齢化、少子化の現代日本で親子が同居するのは

良いことだと思いますが・・・・

やはりデメリットもあることも否定できません。

少子化のため、親が子離れできない、子供が親離れできない

といったことも一例ではないかと思います。

いくら親子ゲンカといっても武器使用は少し度が過ぎます。

スポンサーリンク


■田仲裕之 容疑者 顔画像

こちらで田仲裕之容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

もしかして、登録をしていないのかも知れません。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

≪ネットの反応≫

良い年で自立しないで実家にいると

色々トラブルになるな・・

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

最近、多くない?こういう事件?

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

年が近いと友達親子になれるかといえば、それは違うんだね。

引用;Yahoo ニュースより

■まとめ

いつの時代だって親子ゲンカの種は尽きないし

親子ゲンカが減ることもないと思う。

それで、親離れができ自立心が芽生えることだって

あるのではないかと思うと親子ゲンカも必要な過程

なのかも知れないですね。

昔は頑固親爺が多く、子供は親爺を嫌って家を出る

ってケースも良くあったのではないか・・・

逆にいえば親爺は背中で子供に自立を促していたように

思えるのです・・・・大人になってき気づくのだが・・・

今時、そんな家庭は稀で友達のような家庭が多いために

こどもにとっては居心地が良すぎるのではないか

現代では「忍耐」って単語は死語になってるかも知れないが

日本の現代っ子に不足している精神単語と思えてならないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする