高橋勝の顔画像  現場はサルが出没?散弾銃の弾が人に命中!

14日夕方、千葉県鴨川市で

サルを駆除するために放った

散弾銃の弾が誤って近くにいた

男性の頭に命中し男性(78)が死亡しました。

散弾銃を撃ったのは近くに住む

無職の高橋勝容疑者(67)で

業務上過失致死の疑いで逮捕されました。

高橋容疑者は、害獣駆除のために銃を所持する許可を受けていた。

スポンサーリンク


■記事の概要

14日午後5時前、千葉県鴨川市小湊の山あいで

「サルを追い払おうと鉄砲を撃ったら、人がいて頭に当たったようだ」

と消防に通報がありました。

救急隊が駆けつけたところ、70代くらいの男性が、

山の中で頭から血を流して倒れていて、警察によりますと、

病院に運ばれましたがその後、死亡が確認されました。

警察は、近くに住む無職の高橋勝容疑者(67)が、

サルを駆除しようとして撃った散弾銃の弾が男性に当たったと見て、

業務上過失致死の疑いで逮捕しました。

引用;NHK

■高橋勝容疑者 プロフィール

名前:高橋勝

年齢:67歳

住所:千葉県鴨川市小湊

職業:無職

スポンサーリンク

■高橋勝容疑者顔画像

高橋勝容疑者の顔画像は公表されていません。

新しい情報が入りましたら追記します。


こちらで高橋勝容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■現場

千葉県鴨川市小湊

サルを駆除するための発砲で事件というより

事故と思われる状況なのではないでしょうか?


加害者の高橋勝容疑者も悪気があった

発砲でないことは明白のようですが

近くに人がいたことを分からなかった

注意力不足は責められますね。

■サルの出没


鴨川市は太平洋に面しているのですが

山あいでは野生の猿が人里に出没し悪さをするのでしょうか?


観光客を喜ばせているサルがいる一方で

人の生活区域に侵入して人の生活に支障を与える

不良サルが全国的に多くなってきたようです。


ひと昔前までは人とサルのエリアが分れており

人の生活圏ではあまり見られなかったのですが・・・

近年では町近くでもサルの出没があるそうです。

サルの数が増えてることも考えられますが

山里が崩壊し人が住まなくなってきたことも

サルの縄張りが大きくなってきたのが原因で

サルとヒトの距離が近くなってきた要因の一つかも知れません。


日本の山中や山里では

何か異変が起こっているのではないでしょうか?


人がサルに支配される??

映画のようにはならないと思いますが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする