鈴木裕一の顔画像とプロフィール 振り込め詐欺の量刑は?現場と動機

特殊詐欺で電話をかける「かけ子」グループの

リーダー格とみられる鈴木裕一容疑者が逮捕された。

半年で1億円以上をだまし取ったとみて

他のメンバーの行方をも追っているとのことです。

アジトからは3万人分の同窓会名簿が見つかっており

余罪もありそうです。

出典;NNN

スポンサーリンク

■記事の概要

出典;NNN

 

警視庁によると、

住所・職業不詳の鈴木裕一容疑者は今年4月

山梨県の70代の女性に、おいを装ってウソの電話をかけ

現金200万円をだまし取った疑いが持たれている。

鈴木容疑者は、東京・世田谷区のビルを拠点にしていた

かけ子グループのリーダー格として、電話の調達や

報酬の配分などをしていたとみられている。

出典;NNN

スポンサーリンク

■鈴木裕一容疑者 プロフィール

出典;NNN

名前:鈴木裕一

年齢:22歳

住所:不詳

職業:不詳


鈴木容疑者は特殊詐欺で電話をかける

「かけ子」グループのリーダー格で

半年ほどの間に

1億円以上をだまし取っていたようだ。

■鈴木裕一容疑者 顔画像

こちらで鈴木裕一容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

スポンサーリンク

■振り込め詐欺の量刑

振り込め詐欺はその名の通り,詐欺罪に該当し,

刑法246条により10年以下の懲役に付され

複数行為が起訴されれば

併合罪加重されて上限は懲役15年です。

また,このような犯罪を組織的に行った場合には

組織的犯罪処罰法の適用によりさらに重い

懲役20年以下の刑罰を下されることになります。

■犯行現場

出典;NNN

鈴木裕一容疑者は

今年4月、山梨県の70代の女性に、

おいを装ってウソの電話をかけ、

現金200万円をだまし取った疑いが持たれている。


高齢者をターゲットに詐欺を繰り返す

詐欺グループの全体は多くの若者が参加し

中にはアルバイト感覚で詐欺グループに

加担している若者もいるといいます。

相手の顔を直接見ないで相手をだますので

悪いという感覚が鈍く・・・

犯罪意識が乏しいといいます。

日本は高齢者を敬う文化が育った国であったのですが

最近は高齢者から搾取する文化に変化してきたと

思えるような事件が多くなってきたように思えます。

なぜこんな犯罪が多くなったのでしょうか?

■犯行動機

同じ詐欺師であっても

昔のように職人タイプの詐欺ではなく

企業のように組織が出来上がっており

捕まるのはいつも平社員のような

末端詐欺師ばかりのような気がします。

当局も努力をしているのでしょうが・・・

一向に減らない特殊詐欺事件

二度と出来ないほどの量刑を課してはどうだろうか?

スポンサーリンク

Twitter 

≪ネットの反応≫


・あるグループのリーダー格であってさらにその上の
 幹部まで警視庁はまだまだたどりついていない。
 いったい何年かかるのだろう。
 警視庁から情報が漏れていそう。


・容疑を認めてるだけいい!
 まだ更生の可能性大だな


・人様の財物を盗むのは絶対悪です。
 詐欺をやっている、やっていた等の話を聞いた、○○に誘われたなど
 たとえ過去の話であっても有力な情報に繋がる可能性もあります。
 匿名通報ダイヤルや匿名通報webフォームなども
 利用して情報提供していくべきだと思います。


引用;Yahoo ニュースより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする