杉本壮 顔画像 ポルシェであおり運転 バイクに接触 元医師の言い訳

高級外車ポルシェであおり運転をして

バイクと接触しバイクを運転していた男性に

大ケガをさせてそのまま逃げたとされるのは

危険運転致傷などの疑いで逮捕・送検された杉本壮容疑者(25)

■記事の概要 

最初のトラブルは神奈川県伊勢原市の交差点で起きた。

警察によると、バイクの男性は交差点で左折しようとした時に

杉本容疑者の車がいきなり前に割り込んで来たと説明している。

杉本容疑者の運転に危険を感じたというバイクの男性。

その後、杉本容疑者の車を追いかけ、

車がとまった際に口頭で注意したという。

すると今度は逆に杉本容疑者の方がバイクを追いかけはじめたという。

そして、最初にトラブルがあった交差点から

約1.5キロ離れた場所までバイクを追いかけたという杉本容疑者。

実際に“あおり運転”が行われた現場に向かうと、

路側帯をのぞくと4.9メートルの幅しかない非常に狭い道路だった。

杉本容疑者はバイクと並走した後、左に幅寄せ。

自らの車をバイクにぶつける。

バイクはそのまま押し流される形で田んぼに落下。

くいにぶつかりバイクの男性はけがをしたが、

杉本容疑者はそのまま逃走した疑いが持たれている。

バイクの男性は足の骨を折るなど全治8週間の大けがをした。

引用;NNN

スポンサーリンク

■杉本壮容疑者

名前:杉本壮

年齢:25歳

住所:

職業:元医師

出典;NNN

■犯行現場

神奈川県伊勢原市

これは市道なのでしょうか

幅4.9mの狭い道路

■犯行動機

自分の運転をバイクの男性に

口頭で注意をされて・・・

頭に血が昇ったのでしょうか?

その後約1.5mバイクを追いかけたようです。

スポンサーリンク

■杉本壮 顔画像

こちらで杉本壮容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

出典;NNN

≪ネットの反応≫

この人、数年経てばまた免許取れるんでしょ?

明らかに運転適性を欠いているのだから

生涯免許取得が出来ないようにすべき。

日本は犯罪者に甘すぎるし自己防衛を認めないのなら

せめて国が犯罪者を縛り付けて欲しい。

また人格的に危害を加える恐れのあるの者が

普通に生活できる社会はおかしいと思う。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

このバイクじゃ無いですが、バイクに対しては、

すり抜けやセンターラインを超えての追い抜きなど、

通勤時間帯など毎日危険を感じているんですが・・・。

これは当人が悪いですが、上記のことがあって最近の

対バイクに対してあまりいい印象は持てないのが悲しい所です。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

煽り運転は本当にダメ、やっちゃいけない。

けど、いつまでも追い越し斜線をふさぐ運転や

優先通行の車にブレーキかけさせて割り込んでくるような

車をもっと取り締まらないとダメだという雰囲気もほしい。

引用;Yahoo ニュースより

■まとめ

全てのドライバーの「あおり運転」は危険運転であり

周りに迷惑であり違法であることを認識しなければならないし

運転免許証を持っている限りは常識であると信じたいが・・・

現実には多くの「あおり運転」が存在していることも

事実でありこのような事故が発生しているのである。


マスコミの影響もあるのでしょうけど非常に

「あおり運転」が目立つようになりました。

一部のドライバーの仕業でしょうけれど

本人も気ずかない些細な行動が相手の気にさわり

嫌がらせを受けることがあるようです。

まして、相手がバイクであれば転倒すれば

必ずといっていい程ケガをするのが目に見えてることは

子供でもわかることです。

そんな危険なことをなぜしなければならないのか・・・


確かにマナーの悪いバイクや車の存在も否定できないし

もしそんなバイクや車に遭遇したら近づかないでほしい

そんなバイクや車からは距離を置いて走ってください。

防衛運転の必要な時もあることを心得るべきです。


「車間距離を誤っただけです」

「事故後、車の傷に気付いて現場に戻ったのでひき逃げではない」

と容疑を否認しているというが・・・・

いくら言い訳をし自分を慰めても起こした事実と罪は消えない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする