七戸紀行のあおり運転 切れた男はどんな男?家族は?現場と動機

今月7日、あおり運転の末

相手の車に追突させ

相手の運転手を殴り大ケガを負わしたとして

七戸紀行容疑者(36)が傷害の容疑で逮捕されました。

何の怨みもない運転手に

思い込みだけであおり運転をし

大ケガを負わせた七戸容疑者とは?

スポンサーリンク

■記事の概要

典;NHK

警察によりますと七戸容疑者は、

今月7日の午後10時すぎ、北斗市萩野の国道で、

軽乗用車を運転していた38歳の会社員の男性を

車から引きずり出し顔を数回殴って鼻の骨を折るなどの

大けがをさせたとして傷害などの疑いが持たれています。

警察によりますと、七戸容疑者は乗用車を運転し、

事件の直前には、前を走っていた男性の車に

「あおり運転」を繰り返し、急に追い越してブレーキをかけ、

男性の車が追突したということです。

引用;NHK

■七戸紀行容疑者 プロフィール

出典;NHK

名前:七戸紀行

年齢:36歳

住所:北海道北斗市本郷

職業:無職

■七戸紀行容疑者顔画像

七戸紀行容疑者の顔画像は公表されていません。

こちらで七戸紀行容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

スポンサーリンク

■犯行現場

北海道北斗市萩野の国道

出典;NHK

七戸容疑者の勝手な思い込みによる

あおり運転による追突事故、果ては相手に

暴力を振るうという切れた男の本性が表れた

事件でした。


ハンドルを握ると人間性が変わる人がいるようだが

七戸容疑者もそんな一人なのかも知れません。

■犯行動機

「前をふさがれたと思い、追い越そうとあおり運転をした」

と供述しているという

引用;NHK

二人にどういういきさつが

あったのかはわかりませんが・・・・・


いじめを受けたと思い

報復であおり運転をしたようです。

スポンサーリンク

■あおり運転」とは

あおり運転について法律上

はっきりとした定義があるわけではありません。

世間一般的には、走行車両に極端に

車間距離を詰める行為やクラクションで

威嚇したりする行為を指します。

簡単にいうと、車による嫌がらせ行為ということになります。


「あおり運転」に関しては、累積点数に関係なく

180日間の免許停止に処罰されるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする