下地裕麻の顔画像とプロフィール どこで飲んだ?酒気帯び運転の刑事罰は?現場と動機

7月24日朝、沖縄県那覇市の交差点で

軽乗用車とミニバイクが衝突する事故があり

軽乗用車を運転していた

下地裕麻(21)酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

ミニバイクの男性は意識不明の重体です。

出典;NHK

スポンサーリンク

■記事の概要

出典;NHK

24日午前6時半ごろ、

那覇市山下町の国道の交差点で

直進していた軽乗用車と右折した

ミニバイクが衝突する事故がありました。

警察によりますと、

ミニバイクを運転していた54歳の男性が

頭を強く打つなどして意識不明の重体となっています。

軽乗用車を運転していた糸満市大里の無職、

下地裕麻容疑者(21)の呼気から基準値のおよそ

3倍のアルコールが検出されたため、

警察は、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕しました。

引用;NHK

 

スポンサーリンク

■下地裕麻容疑者 プロフィール

出典;NHK

名前:下地裕麻

年齢:21歳

住所:糸満市大里

職業:無職

■下地裕麻容疑者 顔画像

下地裕麻容疑者の顔画像は公表されていません。

こちらで下地裕麻容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

スポンサーリンク

■酒気帯び運転とは?

呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.15mg以上、0.25mg未満の場合と

呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.25mg以上

の二種類に分けられています。

今回の下地裕麻容疑者に当てはまるのは

おそらくは

「呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.25mg以上」

ではないでしょうか・・・これに事故の行政処分と刑事罰が

加算されると予想されます。

■酒気帯び運転による行政処分と刑事罰

呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.15mg以上、0.25mg未満の場合は

より軽い酒気帯び運転違反となります。


・行政処分

この時の違反点数は13点です。

免許の停止

・刑事罰

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金


呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.25mg以上となるとより重い酒気帯び運転となります。

0.25mg以上であれば何mgであっても同じ


・行政処分

違反点数は25点です。

免許の取消し

・刑事罰

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金

■犯行現場

那覇市山下町の国道の交差点

出典;NHK

直進していた軽乗用車と右折したミニバイクが衝突

よくある交差点内の直進車と右折車の事故ですが

今回は軽乗用車の下地裕麻容疑者が

酒気帯び運転だったのが問題です。

本来運転禁止の酒気帯び運転ですから

下地裕麻容疑者が100%悪いのはもちろんです。

しっかり反省をしてしっかり償いもしてください。

■犯行動機

午前6時半という時間の事故です。

下地容疑者は朝から酒を飲んでいたのでしょうか?

普通は考えにくいでしょう・・・

無職ということですから「飲食店勤務」

とも考えにくいですから


前日から飲んで帰る途中に事故を起こした

というのが妥当なところでしょう。

お店で飲んでいたのだろうか?

友人宅で飲んでいたのだろうか?

下地容疑者が酒を飲んで運転することを

知っている人物がいたのであろうか?

もし知っていて運転を止めなかったら

同罪ですよね・・・・・

沖縄県は飲酒運転の検挙率が

非常に高い県です。

検挙されて「運が悪かった」では済まされないほど

全国的に飲酒運転に対して厳しい目が向けられている

現実をしっかり認識して飲酒運転を止めて欲しいですね。


飲酒運転をやめましょう!

それが本人のためであり県民のためでもありますから。

Twitter

≪ネットの反応≫【写真】 Twitter 〇〇〇〇_twitter_08.jpg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする