白井良宗&顔面画像 時速235km大爆走 速度超過135km遂に逮捕!

2年前東京・国立市内の中央自動車道上り車線で

法定速度135kmオーバーの235kmで 大爆走していた

白井良宗容疑者を逮捕した。

本人は容疑を否認しているようです。

スポンサーリンク

■事件の概要

時速235km。

日本の公道ではおよそ考えられないスピードだ。

’16年1月29日、東京・国立市内の中央自動車道上り車線を

ド派手な黄緑色のスポーツカーが大爆走。

高速道路の法定速度を135kmもオーバーして駆け抜けていった。

平日の早朝午前4時すぎ、車影はまばらだが、

大事故を引き起こしかねない危険な運転である。

一般には公表されていないが、高速道路に設置された

オービス(自動速度違反取締機)は40km超の速度超過で作動する。

当然、黄緑色の暴走車も撮影されていた。

2年後の今年3月1日。

警視庁は135kmオーバーした運転手をようやく特定し、

白井良宗容疑者(41歳)が道路交通法違反(速度超過)で逮捕された。

国内史上最悪の速度超過と思われる。

スポンサーリンク

■逮捕まで

いくら高速道路とはいえ時速235kmとは すごいスピードですね。

新幹線並みで 羽を付ければ離陸できそうです。

オービスに感知され前面のナンバーは偽装され

この車を特定し逮捕に至るまで2年を擁したそうです。

白井容疑者が乗っていた車はアメリカ・クライスラー社(現FCA)製 の

「ダッジ・チャレンジャー」である。

排気量6400ccを誇るモンスター級のスポーツカー。

日本の警察を舐めた結果がこの結末でした。

出典;AUTOCAR

■なんでこんなにスピードを出す必要があるの?

どう考えても公道で時速235kmなんて 常識では考えられないスピードですよ 。

なにが面白くて・・・悲しくて・・・・・

こんなにスピードを出すのか・・・

外国人に言わせれば 東日本大震災が世界に報道された時に

日本人の行動の一端が世界の人々を 驚嘆させた事実あります。

大震災で窮地に陥った人々が暴動もなく

子供から大人までお互いに助け合う姿でした。

自分のことより近くの人々に気を配る 日本人の精神を世界の人々は

驚嘆し 絶賛し、日本人を見直した外国の人々も 多かったそうです。

日本人の精神を忘れ周辺の人々に対して 不快な思いをさせる人間が

出現するのは 平和になった時が多いように思われます。

平和過ぎて刺激がなさすぎなのでしょうか?

多忙な毎日でストレスを発散してるのでしょうか?

出典;日テレNEWS24

■道路交通法違反

時速235km走行 サーキットで走れば交通法違反にならないのにね・・・

公道で135kmの速度オーバーは 当然!スピード違反!

このスピード違反では反則金じゃありません。

裁判に掛けられ量刑が決まります。

※高速道路で時速50km以上のスピード違反なので

減点12点(90日の免停)の行政処分。

懲役6ヵ月以下または罰金10万円以下の刑事罰。

が予想されます。

≪ネットの反応≫

昔のアウトバーンなら日常茶飯事の 出来事だったけど

まぁここは日本ですからね。

単に早く走りたいなら F1レーサーとかなればいいのにね。

まぁ、チャレンジャーが300kmだろうと

世界クラスで見ればそんな車は、山ほどある。

警察車両もGT-R使ってるし マクラーレンとかも導入すればいいんじゃない?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする