東京が最大規模の高潮に襲われたら!最悪23区の3分の1が浸水!

東京都は、過去最大規模の高潮が起きた場合の

被害想定を初めてまとめた。

23区の3分の1が浸水する恐れがある。

■概要

高潮は、台風などの接近で海の水位が普段より高くなる現象で、

去年10月には、神奈川県の江の島が大きな被害を受けた。

東京都は、最大級の台風で最大規模の高潮が起きた場合、

浸水が想定される区域について、30日に初めて発表した。

スポンサーリンク

■台風と高潮

海面は月や太陽の引力によりほぼ1日に1~2回の割合で

周期的に満潮と干潮を繰り返しています。

しかし、台風に伴う風が沖から海岸に向かって吹くと海水は海岸に

吹き寄せられて「吹き寄せ効果」と呼ばれる海岸付近の海面の上昇が起こります。

また、台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がります。

これを「吸い上げ効果」といい、外洋では気圧が1hPa低いと

海面は約1cm上昇するといわれています。

例えばそれまで1000hPaだったところへ中心気圧が950hPaの台風が来れば

中心付近では海面は約50cm高くなりそのまわりでも気圧に応じて海面は高くなります。

このようにして起こる海面の上昇を高潮と呼びます。

■シュミレーション

東京都の想定では、浸水する地域は23区の3分の1に及び、

5メートルを超える高さまで浸水の恐れがある場所もあるという。

特に、墨田区・葛飾区・江戸川区では9割以上の面積が浸水の影響を

受ける恐れがあり解消に1週間以上かかる可能性もあるという。

浸水予想図;東京都 港湾局 建設局

≪ネットの反応≫

災害や戦争に備えることは大事だが悲観的な予測ニュースはいらない。

高潮に備える知恵や技術を募集するとかポジティブな発想の方が必要なんだと思う

≪ネットの反応≫

誰も話題にしてないけど。地下鉄大丈夫??

≪ネットの反応≫

必要な情報なのは確か。

でも、被災区域に暮らす人たちにとっては地価も下がりそうだし…

仮説を発表するだけでなく、行政には具体的に動いてくれることを期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする