「あおり運転事故」 ネットでデマを拡散した11人を特定し立件へ


去年、東名高速で起きた「あおり運転事故」をめぐり、

「容疑者の父親」などとのデマがネット上に流れた問題で、

警察が拡散に関与したとみられる11人を特定したことがわかりました。


■ネット拡散

去年6月の東名夫婦死亡事故では

福岡県中間市の石橋和歩被告(26)が

危険運転致死傷罪で起訴されています。

この事件をめぐり、被告とは全く関係のない

北九州市の石橋建設工業の男性社長について、

「石橋被告の父親だ」といううその情報がインターネットで拡散され、

嫌がらせの電話が殺到した事務所は一時閉鎖。

警察は去年12月、名誉毀損容疑で捜査に着手し、

30日までにデマの拡散に関与した疑いのある11人を特定したということです。

スポンサーリンク

■ネットは便利

本棚には国語辞典 英和辞典 百科事典

近頃、めったに開かなくなった分厚い本が並んでいる。

ひと昔前なら質問疑問にはずいぶんお世話になったものですが

それはパソコンという現代の百科事典ともいえる機械が

日本中・・・いや世界中に普及して調べものはパソコンで

ほとんど答えが出せる便利な世の中になった反面

ネット世界では”匿名”をいいことに、人の迷惑を顧みず

誹謗中傷などをネットに流す輩があるのは知ってはいたが・・・

ネットの世界の悪事はどんどん進むが・・・

取り締まる法律や人材が追いつかないのが現状であった矢先に

今回の”デマ拡散者”の特定でした。

■意識が薄れるネット

世の中のほとんどの方は善良な市民です。

悪意を持ってネットを利用している人は一部の人間でしょうが・・・

一般の多くの人達がたとえ悪意がなくても

一度ネットから飛び出したデマや中傷誹謗は・・・

口コミなどという生易しい拡散ではなく

あっという間!・・・・・に拡散し

人を傷つけてしまう道具でもある事を認識しないといけませんね。

≪ネットの反応≫

これがデマ拡散の歯止めになると良いですね。

≪ネットの反応≫

拡散するより会社に電話するやつの方が悪いよ。

義兄業務妨害で立件すべき。

拡散は表現の自由の範囲内。

これが新聞や週刊誌が伝えたとなると、名誉毀損で訴えられても

「適正な取材により得られた情報に基づく記事」で

お咎めなしのパターンでしょ? なぜ・・・

マスコミは良くて個人がやればダメなのさ。

≪ネットの反応≫

ネット社会、便利ではあるけど、

こういう被害に遇うリスクが誰にでもある。

怖いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする