片見英貴容疑者逮捕!診断書偽造 自分の死亡届を市役所に提出「自分で自分を抹消」

自分の死亡届を市役所に提出したとして、茨城県警取手署は28日、

有印私文書偽造・同行使と電磁的公正証書原本不実記録未遂の疑いで、

同県守谷市百合ケ丘の無職、片見英貴容疑者(41)を逮捕した。

スポンサーリンク

■事件の概要

自らが死亡したという死亡診断書と死亡届を偽造し、

1月23日午後9時ごろ守谷市役所に提出。

戸籍に嘘の記録をさせようとしたとしている。

同署によると、死亡届に空欄部分が多いことを

職員が不審に思い同署に通報していた。

■目的不明

診断書は偽造、死亡届に空欄が多い、

余りにもずさん過ぎるんじゃありませんか

表面上は自分で自分を抹殺するわけですから・・・

目的は保険金詐欺か借金逃れか仙人にでもなりたかったのか・・・

真意は本人しかわかりません。

≪ネットの反応≫

借金から逃れる為か?でも借金取り家きたら?家族はいないのか?

早かれ遅かればれるやろうし、その後のこと考えや。

闇でまた戸籍買うつもりやったんかな?

≪ネットの反応≫

失踪届出して何年か待てば偽造せずに死亡届けゲット出来たのに・・・

≪ネットの反応≫

いったい何をしようとしていたんだろう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする