トランプ米大統領「中朝首脳会談を評価!」 金正恩氏との米朝首脳会談実現か!?

ドナルド・トランプ大統領は、ツイッターへの投稿で、

歴史的な中朝首脳会談は「非常にうまくいった」とし、

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が

米朝首脳会談を待ち望んでいるとのメッセージを受け取ったと述べた。

スポンサーリンク

■Twitter

トランプ大統領は「中国の習近平(Xi Jinping)国家主席から昨晩、

金正恩氏との会談は非常にうまくいき、金氏が私と会うことを

楽しみにしているとのメッセージを受け取った」とツイートした。

一方で「その間にも、残念ながら、(北朝鮮に対する)最大限の

制裁と圧力は何としても継続されなければならない!」とも投稿した。

■会談は実現?

北朝鮮の金正恩氏が電撃的に中国を訪問し

習近平国家主席と会談、

金正恩氏も目的はもちろんアメリカとの戦争回避のため

習近平国家主席に仲介をお願いに行ったと思われます。

いくら強気の声明を出している金正恩氏でも

本格的戦争になれば勝ち目がないことはわかっているでしょうから、

表向きは笑顔で戦争回避の最後の手段として渋々ながら

中国訪問ってことになったのでしょう。

さて、トランプ大統領と金正恩委員長の直接会談が実現でき

東アジア地域に平和が訪れることを期待しましょう。

スポンサーリンク

■舞台は「板門店」?

板門店(パンムンジョム、はんもんてん、朝鮮語: 판문점)は、

朝鮮半島中間部に位置する朝鮮戦争停戦のための

軍事境界線上にある地区。

北側の朝鮮人民軍、中国人民志願軍と南側の国連軍で

停戦協定が1953年に調印され、

同年10月以降は停戦を監視する「中立国監視委員会」と

「軍事停戦委員会」が設置され、

停戦協定遵守の監視を行っており、60年以上に渡る

朝鮮の南北分断を象徴する場所となっている。

≪ネットの反応≫

トランプさんが、本当の意味でビジネスマンから

政治家として問われるビックイベントだと思います。

≪ネットの反応≫

金正恩の外交は天才的。

≪ネットの反応≫

北情勢はトランプと韓国だけなら北の時間稼ぎと考えられたが

中国が絡んで大きく動きだした感がある。

日本はどう動くのか難しい状況だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする