埼玉・西川口は日本じゃないのかと疑うほどの中華街に変貌・・・

かつて、埼玉・西川口は風俗街とのイメージで存在した街でした。

がしかし、最近は中華料理店の増加が目立ち、インターネットでは

「マニアックな中華街」とまとめられています。

スポンサーリンク

■西川口の概要

埼玉県の西川口(川口市)と言うと、風俗街のイメージが

根強いかもしれませんが最近は中華料理店の増加が目立ち

インターネットでは「マニアックな中華街」とまとめられています。

羊料理、アヒル料理、四川省の串料理、東北地方の郷土料理など

よく知られている「日本式中華料理」と違いメニューには

中国語しかなかったり、店員と日本語が通じなかったりと

店によってはまさに「プチ海外旅行」。

西川口で長年中華料理店を営んでいる店主は「10年ほど前から

『グルメの街』を目指した結果、外国人住民の増加とともに

中華料理を始めとする各国の料理店が増えてきた」と話します。

■日本人が敬遠

いろいろ原因があるでしょうが、こんなに中華料理を始めとする

各国の料理店が増えてきたのでしょうか・・・

かつて多く街を支配していた風俗店が衰退して、

さらに訪日外国人の増加で10年ほど前から各国の料理店の増加が

目立ってきたそうです。

日本の法律改正で風俗店の存続ができず廃業に追い込まれ

店子が外国料理店に変わった・・・などなど

類は類を呼ぶことわざの通りどんどん増えて行ったとも考えられます。

それにしてもお店のメニューに日本語の記載がない、店員は日本語が

喋ることが出来ないなど・・・お店は日本人の来店は期待をしていないと

日本人が感じても仕方がありません。

これが逆で「おもてなし精神」のある日本人の店ならば

お客様に対してこんな接客はしないでしょう。

スポンサーリンク

■意識改革

リトル中華の街になりつつある西川口ですが

報道によるとゴミが散乱し、訪日外国人が感心し驚嘆する

日本の美しい都市とは思えない汚れた街になっているようです。

行政も気にしてないとは思えませんが・・・・

日本の街が清潔なのは日本人の意識と行動のたまものなので

これだけ多くの外国人の集まった街での「街を美しく」という

共同意識はないに等しいのではないでしょうか。

それに加えて治安が悪化してるとのこと・・・

それに伴って日本人は近づかなくなり、

増々治安状況の悪化が進むのではないかと懸念します。

とある国のとある地区は当局も見放す無法地帯があると聞きます。

そんな地区に西川口をしたくありません、させてはなりません!

■未来

さて、問題は山積みですが・・・・・

ゴミのこと治安のこと、まだまだあるでしょうが・・・

こんな状態じゃ周辺住民は気持ち良く楽しく生活ができるどころか

毎日迷惑を受けているんじゃないでしょうか・・・

根本的に解決方法をみつけて実行しなくては

美しい日本の国土が汚れ、日本人の心も毒されていきます。


≪ネットの反応≫

見事な行政の亊無かれ主義(怠慢)の賜物。

県と市の行政担当がお互いに責任を譲っていたのでは?

≪ネットの反応≫

実家の最寄り駅なんですが、だいぶ様変わりしました。

治安は変わらないんですが、だったらチャイニーズに占拠されるより

風俗街で賑わってた方が今となっては良かったのかな。


≪ネットの反応≫

森友問題より、ある意味こっちの方が重要じゃ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする