MLB 大谷翔平 顔画像 先発で2勝目 世界も驚き二刀流ピッチャー編!

エンゼルス大谷翔平投手(23)が衝撃の2勝目を挙げた。

本拠地で投手デビューを果たすと6回までパーフェクト。

7回1死後に初安打を許したが7回を1安打無失点

毎回の12三振を奪った。

■記事の概要 

ホームのロサンゼルスで初登板。

1回の立ち上がり、3者連続三振に仕留め地元ファンを熱狂させた。

2回も1三振を奪い3者凡退。3回も2三振を奪い3人で料理。

4回も三振を奪い3者凡退。5回は3者連続三振の快投。

6回も1三振を奪い3者凡退。

6回まで1人の走者を許さず11三振を奪うあっぱれな快投。

7回1死から2番セミエンに左前に初安打を許すと、

ここまでの快投をねぎらいファンから拍手。

続く3番ローリーに四球を与え初めてピンチを招いたが

最後は5番オルソンを142キロのスプリットで空振り三振に仕留めガッツポーズ。

7回を1安打無失点に抑えた。

スポンサーリンク

■二刀流

ドラフト会議で日本ハムファイターズが交渉権を得た時

大谷本人はMLBを目指すことを宣言していたと記憶しています。

説得のため日本ハムファイターズ監督の栗山英樹氏が

大谷家に向かった報道を今でも記憶しています。

説得が功を奏し日本ハムハムファイターズに入団したことが

全ての始まりでした。

今では世界の大注目の大谷翔平ですが

彼の素質を見抜き二刀流と称して投手としてバッターとして

一流の選手に育てた栗山英樹監督の眼力と勇気には

今更ながら感服いたします。

野球マンガの世界のようで、当初は専門家の間でも非難が多かったので

正直今のように大成すると思っていた人は少なかったと思います。

■夢の後押し

入団当初からMLBを目指すことを公言していた大谷翔平。

それを承知で日本ハムファイターズは獲得

5年在籍で日本のプロ野球では二刀流を完成

そして日本ではスーパースター

あとはMLBを目指すことが夢だった大谷翔平に

日本ハムファイターズ球団は快く後押しをし送りだしたのが昨年の2017年でした。

≪ネットの反応≫

大谷が育った札幌ドームはサッカー専用に改造とか

将来は経営難で解体の可能性さえ指摘されている。

でも10年後伝説の球場になるかもしれないので

今のままで維持して欲しい。

引用;Yahoo ニュースより 

≪ネットの反応≫

あまりにもうまくいきすぎてて、ちょっと怖い気もする。

そのくらいインパクトのある活躍ぶり。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

改めて日本ハム球団、それから栗山監督には感謝です。

すごい、朝からこれでは、今日も一日明るくすごせます。

大谷選手ありがとう。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

今日の投球でチームメイトからも得体のしれない「怪物」としてみられるな。

チームメイトでよかったなとホッとしている選手も多いだろうな。

引用;Yahoo ニュースより

Youtubeより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする