沖縄県警の対暴走族で称賛! パトカーと暴走バイク 正面衝突の取締り!

28日未明、沖縄市呉屋の国道交差点で暴走バイクと

取締り中の沖縄県警パトカーが正面衝突した。

徐行中のパトカーに二人乗り暴走族が乗るバイクが

正面から衝突した。

バイクに乗っていた少年二人が宙を舞い

一回転している動画が公表されている。

出典;JNN

■記事の概要

出典;JNN  


28日午前3時半すぎ、沖縄県沖縄市呉屋の国道で、

交差点内を旋回するなどの暴走行為を行っていた16歳と17歳の

少年2人が乗ったバイクとパトカーが衝突したものです。

衝突の衝撃で、少年2人の体が宙に浮いたあと回転し、

その後逃走する様子が確認できます。

警察によりますと、2人はすり傷を負いましたが、命に別状はなく、

鉄パイプなどを持った者を後部座席に乗せて運転したなどとして、

道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

2人は容疑を認めているということです。

引用;JNN

スポンサーリンク

沖縄県警の取締り動画

パトカーと暴走バイクの正面衝突動画

スポンサーリンク

■暴走族

若者による日本独特の珍現象のようである。

オートバイや乗用車を用いて無秩序な運転をし

交通妨害や騒音の撒き散らしなど世間に迷惑を掛ける集団。

主に十代の若者が多いようで日本以外ではあまり見られないという。

■犯行現場

出典;JNN

今回は沖縄県沖縄市呉屋の国道の交差点内で

暴走があったようです。

これから暑くなった土日の夜に出現する機会が増えるようで

観客? が多ければ一層燃えてくるのは自分が注目されていると

勘違いをしてスター気分になってるのだと思います。

が、本当は多くの人たちはバカにしているのだ!

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫  

パトカー本来の使い方。

ずっと追いかけたり甘い事してるからナメた小僧が出てくる。

体当りで暴走防止。

珍しく日本警察素晴らしいと思った。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

日本の警察は元々、族に対する取締りが甘すぎる為、

こんな暴走行為が常態化していると考える。

族には族の対応をして徹底的に取り締まって欲しい。

パトカーの修理代も請求してはどうだと思う。

痛い目を負う族は、それなりの行為があるのだから仕方ない。

アメリカ式のように第二の被害者を出す前に転倒させる行為もOKだと感じる。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

ぶつけて止める。そうあるべきだと思います。

パトカーの修理代とかは、犯人に払わせて。

引用;Yahoo ニュースより

Twitter より


暴走運転がなぜ行われているのか・・・

抑圧に対する不満のはけ口であり、自分を主張する場であり

と理由はいろいろあるようですが、根本的に人様に迷惑を掛けることに

嫌悪感がみられないことが気になるところです。

日本の道徳教育が間違ってるのか・・・家庭の躾が甘いのか・・・

その他、多くの問題があるのでしょうが・・・

世の中の規律を乱すことで自分を主張するのは

単に犯罪者であってやってることは間違ってます。

街のゴミ拾いだって、老人宅の草むしりだって

喜んでいただけるし自分を主張できる場だと思いますが・・・。

正しい取り組みで人様に喜んでいただける行動が

日本の文化を育てるのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする