岡隆史の顔画像とプロフィール 飲酒運転はどこの中学校教師?どこで飲んだ?現場と動機

三重県津市で7月24日未明

中学校教師の岡隆史容疑者が(42)

酒気帯び運転で逮捕されました。

出典;メ~テレ

スポンサーリンク

■記事の概要

出典;メ~テレ

逮捕されたのは、津市内の中学校の

教諭岡隆史容疑者(42)です。

警察によりますと、24日午前1時前、

津市野田の県道で酒を飲んで車を運転したとして、

酒気帯び運転の疑いが持たれています。

現場を通りかかったパトカーが、センターラインをはみ出して

対向車線の縁石にぶつかっている車を発見し、

運転席にいた岡容疑者から基準を上回る

アルコールが検出されたためその場で逮捕しました。

引用;NHK

スポンサーリンク

■岡隆史容疑者 プロフィール

出典;メ~テレ

名前:岡隆史

年齢:42歳

住所:津市美里町家所

職業:中学校教師(津市立橋南中学校)

津市立橋南中学校では英語教師

■岡隆史容疑者 顔画像容疑者 顔画像

岡隆史容疑者の顔画像は公表されていません。

こちらで岡隆史容疑者 顔画像容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

スポンサーリンク

■酒気帯び運転とは?

呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.15mg以上、0.25mg未満の場合と

呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.25mg以上

の二種類に分けられています。

■酒気帯び運転による行政処分と刑事罰

呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.15mg以上、0.25mg未満の場合は

より軽い酒気帯び運転違反となります。


・行政処分

この時の違反点数は13点です。

免許の停止

・刑事罰

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金


呼気呼気1リットル中のアルコール量が

0.25mg以上となるとより重い酒気帯び運転となります。

0.25mg以上であれば何mgであっても同じ


・行政処分

違反点数は25点です。

免許の取消し

・刑事罰

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金

■犯行現場

三重県津市野田

24日未明、

縁石にぶつかっているのを

パトカーに発見され飲酒運転で

逮捕されたとのことです。

縁石にぶつかるほどの酔っ払っていたようです。

逮捕されるほどですから

免許の取消し処分を受ける可能性がある

重大な違反です。

■犯行動機

23日の夜の宴席からですから

かなり酔っていたと想像できます。

どこで行われた

何の懇親会なのかは不明ですが

同席した方の中にも飲酒運転で帰った人も

あるのではないかと疑いたくなります。

子供達に教育をする立場の先生が

何んと言い訳をするのでしょうか?

Twitter

無くならない飲酒運転!

猛暑が続く日本列島

仕事帰りのビールが旨い

夏の夕暮れですが・・・


飲んだら乗るな

飲むなら乗るな


徹底して欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする