滑川和子の顔画像のプロフィール 高齢者運転の事故現場

5日午前9時55分ごろ千葉県旭市で

83歳の女の運転する軽乗用車が

89歳の女性をはねて女性は死亡しました。

はねた滑川和子(83歳)容疑者は

容疑を認めている。

出典;ANN

■記事の概要 

出典;ANN 


警察によりますと、5日午前9時55分ごろ、

旭市の県道で滑川和子容疑者の運転する

軽乗用車が近くに住む在田雅子さん(89)をはねました。

在田さんは全身を強く打ち、

搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽乗用車はフロントガラスが割れ、

左前面が大きくへこんでいることから、

かなりのスピードが出ていたとみられています。

引用;ANN

スポンサーリンク

■滑川和子容疑者 プロフィール

出典;ANN 


名前:滑川和子

年齢:83歳

住所:不明

職業:不明

スポンサーリンク

■滑川和子容疑者  顔画像

滑川和子容疑者の顔画像は公開されておりません。

今後、公開された時には追記いたします。

出典;ANN  


こちらで滑川和子容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■現場

出典;ANN 


千葉県旭市の県道で近くに住む在田雅子さんをはねました。

在田さんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。

■高齢者運転

日本全体の人口に高齢者の比率が高くなるにしたがって

高齢者による運転免許証保持も高くなるのも当然だが

それに伴って高齢者の交通事故が増加の一途である。

何とか歯止めの妙案はないものだろうか?

当然、車が必要な方もおられるので一律に禁止なんてことも

出来ないであろうから・・・

一例として

長年車を乗り回して多くの税金を払ってきたのだから

高齢者で運転免許を返納すれば

何らかの優遇措置もあっていいのでは?

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫ 

やはり、オートマが普及しすぎの原因のひとつなんだろうか。

これがマニュアルだと、ギアをチェンジしたりしなくてはならず

己の運転技量に限界を感じやすいが、オートマは楽な分、感じにくい。

メーカーも安全対策しているけど、基本は人間が確認することなんだよね。

装置などはあくまでも補助。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

生活の為に必要な手段なのでしょうが、

運転免許の定年も必要でしょう。

車の税収費で交通費を無料にするなどの政策で

交通事故を減らして欲しいと思います。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

高齢者に限ったことではありませんが、

制限速度を守りましょう。

速度が上がるにつれて、

事故をおこす確率と死亡事故率も上がります。

引用;Yahoo ニュースより

高齢者は自分は大丈夫と思って

ハンドルを握っておられるのだと思います。

目、耳、脳神経、運動神経

あらゆる分野衰えて来るのが高齢者であり

車の運転が危険であることは高齢者も若者も

承知しているはずである。

高齢者の運転免許の返納を促すなら

ただ「危ないから返納しろ!」じゃなく

同時に高齢者の移動の便宜を図る案も

必要じゃないかと思います。

高齢者周辺の若者なり行政なりが

日本全体で考える大きな問題かと思いますが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする