東京・日本橋「串カツ田中」 新入社員だけの「研修センター店」 低価格でお客さんに大受け!

お店の従業員は新入社員だけという「串カツ田中」の店がオープンしました。

東京・日本橋にオープンした店名は「研修センター店」

先生役の先輩を除けば店名の通り新入社員だけで店を運営するという

めずらしいお店です。新入社員の研修を兼ねての営業なので

メニュー価格も低価格に抑えられており、訪れたお客さんには評判も上々ってとこです。

サラリーマンにとってはストレス解消の強い味方になるでしょうか・・・・・

■記事の概要

研修を兼ねたというまったく新しい発想の元でオープンしたお店です。

会社側としては即実践で新入社員を鍛え一人前になってもらおうという目的と

お客様は低価格で食べ物やドリンクを提供してもらえるという

両者の狙いと思わくが一致したとのことでしょう。お客さんには大受けのようです。


”全国1,000店舗展開を目標に、急速に店舗拡大を進める串カツ田中にとって

店の経営を任せられる社員の育成は、まさに成長戦略の要。

串カツ田中 石川一希研修センター長(28)は

「1,000店舗達成するためには、人員の確保が重要になってくる。

新入社員の離職率低下が、まず第一の目的」と話した。

新入社員の3年以内の離職率が最も高いとされるのが、宿泊業や飲食サービス業。

3年以内に、2人に1人は離職しているのが現状。

そこでスタートさせたのが、この研修センター店。

先輩とコミュニケーションを取りながらの実践研修で現場に出たときに

自信につながるスキルを身につけ、新入社員の定着率を上げていきたい考え。”

引用;FNNニュース

出典;FNNニュース

スポンサーリンク

■串カツ田中

社名:株式会社串カツ田中

社長:貫 啓二

所在地:東京都品川区

設立:2002年3月

大阪伝統の味である串かつを日本を代表する食文化の一つとすることを目標としている。

平成29年 5月 串カツ田中 鶴舞店オープンで150店舗達成。

■小伝馬町研修センター店

こんなオープン前の記事を見つけました。


”通常店舗とは違い新人のみの営業のため、

不慣れな営業を見守ってくださるお客様への

感謝の気持ちを込めまして、

ドリンクはいつでも全品200円(税抜・一部商品を除く)でご提供いたします。”


詳細を気になる方はこちらへ 串カツ田中 小伝馬町研修センター店  


※ 「串カツ田中」での串カツを食べる際ルールが三つあります。

   ルール破りの場合は1000円の罰金だそうです。

1: 口を付けた串の二度づけ禁止

2:口を付けたキャベツの二度づけ禁止

3: ソースにお箸をつける行為の禁止

以上、常識ですが気をつけてください。

 

出典;FNNニュース

≪ネットの反応≫

もう少しだけ休日が増えれば一般企業より

飲食店は楽しく働けそうな業種なんで、

店で飲み食い無料とかアピールすれば魅力はまだありそう。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

本当に、こんな所に!?という場所にもあるよね。

大須観音の前に

餃子の王将と串カツ田中が並んでいるのを見た時は、

ご当地キティ以上の衝撃を覚えたわ。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

安いが一番。

まあ、近くにないから、行くことは無いがな。

引用;Yahoo ニュースより

■まとめ

副社長田中洋江の亡き父親から受け継いだ

串カツの味だというオリジナルのソースは

家庭の味であり、また伝統的な味でもあるわけですが

全店同じ味で統一されており、どのお店に行っても

美味しくて安い串カツが味わえるって嬉しいじゃありませんか。

目標店舗数は1000店だそうですから・・・

これから先は優秀な従業員の確保が会社発展のための

カギになるとの予測の「研修センター店」オープンでしょう。

優秀な人材確保には時間がかかると思いますので

急がず慌てず店舗展開をして庶民を楽しませて欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする