小山隆之の顔画像とプロフィール  詐欺グループの余罪は?名簿の出処はどこ?

高齢女性から現金をだまし取ろうとして

小山隆之容疑者(36)ら男女7人が逮捕されました。


個人情報保護法が全面施行されたのが

2005年(平成17年)4月1日、13年を経過しましたが

多くの個人情報が流出しているようです。


犯人たちのアジトからは15000人分の名簿が見つかっており

詐欺の元である名簿の出処はどこなのでしょう?

出典;ANN

スポンサーリンク

■記事の概要

出典;ANN

警視庁によりますと、小山容疑者らは、今月、

証券会社の社員を装って新潟市の80代の女性の家に電話をかけ、

「大手食品会社の工場が近くに建設される。

あなたの名義で社債を購入しているので、手数料を送ってほしい」

などとうそを言って、現金100万円をだまし取ろうとしたとして、

詐欺未遂の疑いが持たれています。

引用;NHK

スポンサーリンク

■小山隆之容疑者 プロフィール

名前:小山隆之

年齢:39歳

住所:東京都板橋区

職業:無職

スポンサーリンク

■小山隆之容疑者 顔画像

出典;ANN

こちらで小山隆之容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■余罪は

警視庁は、小山容疑者のグループによる被害が

約4億円に上るとみて捜査しています。

引用;ANN

捜査中ということで詳細はまだわかりませんが・・・

表に出ない被害が相当あるのではないでしょうか?


小山容疑者ら加害者は余罪を含めて

被害金額の全てを生涯かかっても賠償させなくては

罪を償ったとはいえないのではないでしょうか。

そこで終わればこの類の犯行は再犯の可能性がありますから・・・

再犯を許さないためにも被害額を完済させなければならないと思います。

刑事罰を償えば全て罪は消えたでは被害者は悲し過ぎます。


■名簿の出処

引用;ANN

小山容疑者らのアジトからは、「富裕層」とタイトルが付いた

高齢女性ら約1万5000人分の名簿が見つかりました。

引用;ANN

「富裕層」のタイトル名簿・・・・・

浮かぶのが銀行 投資会社 などの金持ち名簿ではないだろうか?

その中で社員名簿やサークル名簿ではなく

詐欺グループにとって欲しいのは顧客名簿

しかも新しい名簿ではないだろうか?


会社にとっても大事な名簿を外部に出す訳がない!

表向きは当り前の理屈だし当然そうあるべきことなのですが

不良営業マンが小遣い欲しさに名簿を盗んで外部に漏らす・・・

なんてことも無きにしも非ず・・・ですね。


例えそれが露見しても会社の名誉のためだとして

隠匿されている事例はあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫

オレオレ詐欺は特別に厳しい罰を与えるべきだ。

出所後再犯率は高いと思う。

一般市民に迷惑をかける可能性が高い犯人たちが

老いぼれるまでは刑務所で飼育するべきだ。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

特殊詐欺の罰則がゆる過ぎる。

もっと重刑に処すべき。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

昨今、個人情報は漏れて当たり前と思って

行動する事が求められると私は思うのだが。

引用;Yahoo ニュースより

老人もセキュリティが甘すぎるのではないでしょうか?

人を信用するな! とは悲しいことですが

やはり、人を疑うことがなければ

詐欺の被害に遭う確率は上がるでしょう。


個人情報保護法やマイカード制度など

個人を守る法律や制度はあるのですが


まだまだ個人情報は湯水のごとく漏れ放題というのが

現実であることを認識しなければ

この手の詐欺事件は減ることはないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする