木戸義弘の顔画像 虐待なのか?揺さぶられっこ症候群?現場と動機

福岡県古賀市で

娘(0)を激しく揺さぶり殺害したとして

木戸義弘容疑者(37)が逮捕されました。

殺意については否認しているということです。

■記事の概要

出典;JNN

殺人容疑で逮捕されたのは、

古賀市今の庄の建設作業員・木戸義弘容疑者(37)です。

木戸容疑者は先月9日、

同居していた長女の柚希ちゃん(0)の体を

何度も激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫を発症させて

殺害した疑いがもたれています。

引用;JNN

スポンサーリンク

■木戸義弘容疑者 プロフィール

出典;JNN

名前:木戸義弘

年齢:37歳

住所:福岡県古賀市今の庄

職業:建設作業員

■木戸義弘容疑者 顔画像

木戸義弘容疑者の顔画像は公表されていません。

こちらで木戸義弘容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

スポンサーリンク

■犯行現場

福岡県古賀市今の庄

柚希ちゃんがおう吐するなどしたため、

母親で木戸容疑者の内縁の妻にあたる女性が

119番通報して事件が発覚したようです。

■急性硬膜下血腫

急性硬膜下血腫発生の原因は、

頭部に対する外力によるものです。

脳の表面に存在する血管が損傷を受け、

硬膜の下に(かつ脳の表面に)急速のうちに

血腫(血液の塊)が形成される状態です。


乳幼児に対する暴力的な揺さぶりを

契機として種々の外傷を生じることがあり

これを「揺さぶられっこ症候群」と呼びます。

この揺さぶられっこ症候群の一症状として

急性硬膜下血腫が起こることがあります。

子供を喜ばせようと激しく「高い!高い!バー」

なんてことは乳幼児には避けることが

望ましいということです。

■犯行動機

取り調べに対し、

「娘が泣いたので揺さぶった」

などと行為を認めたうえで、

殺意については否認しているということです。

引用;JNN

供述のように娘が泣き止まず、

あやすつもりで揺さぶった・・・

子供に対する虐待とは思いたくありませんね。


乳幼児には少々揺さぶりが

激し過ぎたのじゃないかとの想像ができます。


これは事件として取り上げられていますが

「揺さぶられっこ症候群」という症例がある通り

事故ともとれるようにも思います。

木戸義弘容疑者の無知からきた結果が

この様な悲劇につながったことなのか?

木戸義弘容疑者の身勝手な虐待なのか?

これからの取り調べで解明されるでしょう。


ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

Twitter 

≪ネットの反応≫


・どこかが痛かったのかオムツが気持ち悪かったのか眠かったのか、
 分かってほしくて一生懸命泣いてたのに。
 可哀想過ぎる。


・単純に慣れてないだけなんだよね〜


・0歳って泣くに決まってるじゃん。
 言葉喋ったらビックリだわ。何、考えてるの。


・37歳 で授かった赤ちゃんを
 なんと 亡き者にしてしまうとは
 教育を徹底しなければ。
 タカイタカイも、やっちゃいけない
 ってことを知らない親が結構いる。


引用;Yahoo ニュースより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする