勝田州彦の顔画像とプロフィール 服役中の男が14年前の女児殺害!現場と動機

14年前、岡山県津山市で起きた

小学3年生の女児が殺害された事件で

別の事件で服役中の勝田州彦容疑者(39)が

津山警察署に移送され殺人容疑で

30日に逮捕された。

出典;FNN

スポンサーリンク

■記事の概要 

出典;FNN 

別の事件で岡山刑務所に服役中の勝田州彦容疑者(39)は、

2004年9月、岡山・津山市で、

当時9歳の小学3年生・筒塩侑子ちゃんの

胸や腹などを刃物で刺し、殺害した疑いが持たれている。

この事件は、犯行に使われていた凶器など物的証拠がなく、捜査は難航していた。

引用;FNN

スポンサーリンク

■勝田州彦容疑者 プロフィール

出典;FNN


名前:勝田州彦

年齢:39歳

住所:岡山市北区牟佐765

職業:無職

スポンサーリンク

■犯行現場

14年前に自宅で鋭利な刃物で

胸などを刺され殺害された事件でした。

県警は延べ6万人の捜査員を投入。

発生から2年間で捜査線上に浮かんだ

不審者ら延べ約700人を聴取した。

事件直前に「ボサボサ髪の若い男」の目撃情報もあったが、

犯人に結びつく有力な手がかりは得られず捜査は暗礁に乗り上げた。

引用;産経新聞

出典;FNN

急転直下事件は解決に向かっている。

岡山刑務所から津山警察署に移送し

殺人容疑で逮捕されました。

スポンサーリンク

■犯行動機

勝田容疑者は複数の少女らに対して暴行や傷害事件を起こしており、

過去の公判から女性の苦しむ姿が見たいという“異常性癖”の

持ち主であることがわかっている。

今回の事件も勝田容疑者が起こした一連の事件と同様に

“異常性癖”から来た事件と思われるのです。

平成28年5月に始まった公判で、勝田容疑者は

「(女子生徒の)腹ではなく腕にナイフが刺さったので、

腹に刺さるまで刺し続けようと思い5回刺した」と供述。

腹部を刺すことに執着した理由については、

高校時代に熱中した美少女キャラが登場するアニメを挙げ、

「女の子が腹部から血を流して苦しんでいる姿を想像し、

性的興奮を得るようになった」と説明した。

引用;産経新聞

と本人の公判供述があるように・・・

普通では考えられない“特異な異常性癖”が今回の事件にも

起因していることが伺えます。


人生の多感な年頃に出会ったアニメが

人間の性格や思想まで変えてしまうとは

考えさせられます・・・。

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫

この類のもの達に更生を期待することは如何なものか。

理想と現実、突然の家族や友人を失った悲しみや怒りを考えると

量刑があまりに軽すぎる。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

命を奪ったのです。

真実を明らかにして、命で償って下さい。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

14年前の事件からいくつか犯罪をおこしている

全く後悔や反省もしていなかったんだろうな

引用;Yahoo ニュースより

性犯罪の再犯が高い!

性犯罪者を取締るのはもちろんだが性犯罪者に再犯をさせないための

監視制度や法整備を考える時期になっているのではないだろうか?


事件が起きて、今回のように殺人事件になれば

殺された命は戻ってこないし

今までに襲われた女性もトラウマ状態が

今も続いていたならあまりにも気の毒ではないか


犯罪者の人権云々・・・の声はあるだろうが

今後、前科のある性犯罪者に事件を起こさせない方向に

監視や指導することも大事なのではないだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする