石井智美 顔画像 あまりにもむごい!くみ取り式トイレに産み、女児殺害か?

大阪府枚方市での出来事!

「生活がくるしく産んでも育てられない」と

一人でトイレで女児を出産し

殺害したとして石井智美容疑者(31)を

19日に逮捕する。

■記事の概要 

事件は3月30日午前、アパート敷地内のくみ取り式トイレのタンクを

清掃していた市職員が遺体を見つけ、110番通報したことで発覚。

自宅にいた石井容疑者が交野署の捜査員に、

「(30日未明に)陣痛が来たのでトイレで赤ちゃんを産み落とした」

と説明したため、同署が逮捕した。

その後遺体を司法解剖したところ、死因は不詳だったものの

呼吸していた形跡が確認され、石井容疑者も「産声が聞こえた」と供述した。

府警は女児が死産ではなく、生きた状態で生まれたと判断。

新生児をトイレに放置すれば死ぬことは認識できたとして、殺人容疑で再逮捕することにした。

引用;朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

■石井智美容疑者

名前:石井智美

年齢:31歳

住所:大阪府枚方市津田駅前1丁目

職業:無職

■犯行現場

アパート敷地内のくみ取り式トイレ

■犯行動機

「生活が苦しく産んでも育てられないと思った」

と話しているという。

■家族

母ときょうだい2人、

自身の長女、長男との6人暮らしという。

スポンサーリンク


■石井智美容疑者 顔画像

こちらで石井智美容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

≪ネットの反応≫

大人の女性が何人も同居している状態で

よくこんなことが出来たものです。

母親も自身もシングル。

こういう事件が続くと本当に頑張っている

シングルママに迷惑が掛かります。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

こういう事件が多いけど、男の方の責任てまったくないのでしょうか?

やはり産み落とした女性がすべて悪い事になってしまうのか。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

このような経済状態では産婦人科の検診も受けていなかったのだろう。

よって産院で出産という選択肢がなくなり、自宅などで生まざるを得なくなる。

子供を殺害したことは非難されるべきだが妊婦と胎児をめぐる

日本の環境は深刻な状況といっても過言ではないのではないだろうか。

検診にかかる費用も貧困層ではバカにならない。

後で返還されるのを待っていられない人たちもいる。

そんな経済状況で子供を作るなというのは簡単だが、

できてしまったものは仕方がないという考え方も重要。

生まれてくる子には罪はないのだから社会全体で迎える準備をという

雰囲気がないとなかなか出生率なんてのは回復しないんじゃないですかね。

引用;Yahoo ニュースより


■まとめ

あまりにもむごい事件です。

女児をトイレで出産し殺害・・・・

本人もさることながら周辺の大人たちは

気が付いてもおかしくないと思うのだが?

6人家族で生活が苦しい状況は

子供を宿す以前の問題であり

生活を改善するべき努力をしていたのか

いささか疑問に思います。

深刻な日本の少子化問題のウラには

このような悲しい子供が誕生していることも

事実なので、一人でも多くの子供が

幸せな人性を全うできる政策の実現を

政治家には望みたいです。

単なる新生児殺人事件だけで終わらせるのではなく

少子化問題まで掘り下げて、生まれて来る少ない

子供達を如何に育て良き日本の国民にするか

考えてみる必要があるのではと思います。


新生児を育てられない大人に出来た子供を

育てる機関が円滑に活動できる態勢を

整えなければまたこのようなむごい事件が再び

発生しても不思議なことではないと思います。

せっかくこの世に生を受けた赤ん坊を大人の勝手で

抹殺する権利はない。

不幸な生まれであっても幸福になる権利はあるのだから・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする