稲葉砂代子・樽谷利奈の親子を逮捕 親子で尿のすりかえ?現場と動機

覚醒剤使用が疑われた

娘の尿検査で陽性反応が出るのを

免れるため自分の尿を提供したとして、


尿を提供した母親の

稲葉砂代子容疑者を証拠隠滅容疑で、


尿を受け取った長女の

樽谷利奈容疑者(46)が証拠隠滅教唆容疑で

大阪府警に逮捕された。

■記事の概要

稲葉容疑者の逮捕容疑は4月4日、

大阪市住之江区内のマンション一室で、

覚醒剤使用容疑で任意同行を

求められていた樽谷容疑者のために、

自身の尿を容器に入れて知人を通じて手渡したとしている。

引用;産経

スポンサーリンク

■稲葉砂代子容疑者 プロフィール

名前:稲葉砂代子

年齢:65歳

住所:大阪市住之江区

職業:たこ焼き店経営

■樽谷利奈容疑者 プロフィール

名前:樽谷利奈

年齢:46歳

住所:大阪市住之江区

職業:無職

■稲葉砂代子容疑者・樽谷利奈容疑者 顔画像

稲葉砂代子容疑者・樽谷利奈容疑者の

顔画像は公表されておりません。

こちらで稲葉砂代子容疑者と樽谷利奈容疑者

のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 

稲葉砂代子容疑者 Facebook

樽谷利奈容疑者  Facebook

スポンサーリンク

■犯行現場

府警によると、樽谷容疑者はマンションから

天王寺署に同行され、強制採尿されたが、

その際に「母の尿を提出した」と供述。

引用;産経

警察を騙すことは出来ず

母娘共に逮捕され、

その後、娘の樽谷利奈容疑者は

覚せい剤使用でも起訴されたそうです。

■犯行動機

母親はいさめる立場だろうかと思いますが・・・

娘を犯罪者にしたくない気持ちは

わからなくないでもないですが・・・


これじゃ娘の更生は望めないし

一生覚せい剤から縁が切れない

人間になってしまいます。


≪ネットの反応≫


・親の愛情が間違った方向に向かうとこうなるのかな。
 親から引き離さないと更正は期待できないですね。


・真っ当な親なら、警察にムスメを突き出すんじゃないかな?
 薬中には甘い顔したらダメだもんね。


・子供の守り方を間違えた、親!


・覚せい剤は自己責任


・これこそ本当の「親バカ」と言えますね。
 親子そろって愚かだ。


引用;Yahoo ニュースより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする