平尾龍磨 受刑者脱走 逃走12日目 まだ向島にいるのか?

平尾龍磨受刑者が松山刑務所を脱走して12日目

連日多くの警察官を動員しての捜索にもかかわらず

昨日までに発見できず・・・まだ向島にいるのかどうかの

疑問まで浮上するほど時間の経過が進んでいます。

向島住民にとっても降って湧いたような

平尾龍磨受刑者脱走事件で生活が乱され不安な毎日をおくるなど

迷惑な日々も我慢の限界のようだ。

■記事の概要

尾道市向島を転々としながら逃亡を続ける平尾龍磨受刑者。

18日も大がかりな捜索が続く一方、島のホームセンターでは、

先週から鍵や防犯ブザーなどの売り上げが大幅に増えている。

観光にも影響が広がっている。

先週末にオープンした潮干狩り場では、

人出は普段の5分の1から10分の1ぐらいしかないという。

警察官など460人態勢で行われた捜索も手がかりはなし。

住民が直面する不安と我慢のトンネルは、依然として出口が見えないまま。

引用;NNN

スポンサーリンク

■潜伏の向島

約5km四方の向島ですが・・・

本当にまだ潜伏しているのだろうか???

■平尾龍磨受刑者

こちらで平尾龍磨受刑者をtwitterで検索してみました。

多くの投稿がありましたので

気になる方はこちらをみてください。 twitter

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫

まだ島にいるのかな?

血眼になって探してるけど

個人的にはもう島なんかには居なくって

本土に行ってる気がしてるんですけどね。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

今頃捕まえたにしても警察すごいとは思えないね。

ほとぼり冷めたら自分から自首してきそうな気がする。

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

そもそも塀がないってどうなん?

いくら模範の人たちばっかりと言っても犯罪犯した人やで?

塀ぐらいいるやろ。

引用;Yahoo ニュースより

■まとめ

はたして今日は捕まるのだろうか?

まったくどこえ消えてしまったのだろうか・・・

この10日余り、悪天候の日もあり当然腹も減る

忍者のごとく身を潜めじっと耐えているのであろうか

それとも、大騒ぎの向島にさっさと別れを告げて

もうどこかに移動しているのであろうか

それにしても逃亡執念にはいささか感心してしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする