萩原恭子の顔画像とプロフィール 山梨県南アルプス市でわが子にインスリン注射をした現場と動機

2017年1月、山梨県南アルプス市の自宅で

糖尿病患者の治療などに使われるインスリン注射で

わが子を殺害しようとしたとして母親の

無職萩原恭子容疑者(47)が殺人未遂の容疑で逮捕されました。

出典;UTY

スポンサーリンク

■記事の概要 

出典;UTY

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、

南アルプス市曲輪田(くるわだ)の無職萩原恭子容疑者(47)です。

警察によりますと、萩原容疑者は去年1月下旬、

自宅で当時10代の息子に血糖値を下げる効果のあるインスリンを注射し、

殺害しようとした疑いがもたれています。

引用;UTY

スポンサーリンク

■萩原恭子容疑者 プロフィール

名前:萩原恭子

年齢:47歳

住所:南アルプス市曲輪田(くるわだ)

職業:無職

スポンサーリンク

■萩原恭子容疑者 顔画像

萩原恭子容疑者の顔画像は公表されていません。

出典;UTY 

こちらで萩原恭子容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが

アカウントを特定することが出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけを紹介しておきますので

気になる方はこちらを探してみてください。 Facebook

■犯行現場

「よく息子1人で遊んでいる姿や祖父や父親と歩いている姿は見かけるが

母親とはあまり見かけた事がない」(近所の人)。

引用;UTY

母子の関係が良くなかったとも考えられ気になるところです。

出典;UTY  

山梨県南アルプス市の自宅での犯行ということですが

母親は糖尿病でない人に

インスリン注射をすることが危険と知っていたのでしょうか?

また、息子は母親から注射されることに

疑問を抱かなかったのだろうか気になるところです。

■犯行動機

危険なインスリン注射をわが子に行った動機が何だったのか?

・保険金目的

・将来を悲観して

いろいろ考えられるでしょうが

調査の中で「ミュウゼンハウゼン症候群」という病名を初めて知りました。

症例として

周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、

自らの体を傷付けたりするといった行動。

近親者(母親の子供に対するケースが多いが、配偶者などのケースもある)

を病気に仕立て上げる、代理ミュンヒハウゼン症候群

の2種類が存在する。

引用;Wikipedia

何が目的だったのか今のところはっきりしませんが

母親がわが子を殺そうとする行為はやはり異常です。

今回の事件に関係があるかどうかはわかりませんが気になる病名でした。

これからの取り調べが注目されます。

スポンサーリンク

≪ネットの反応≫ 

子供を病気にして看病する
よき母親を演じるミュウゼンハウゼン症候群
だったのか?

それとも子供を殺害する目的が何かあったのか?

一緒に暮らしている家族は何も気がつかなかったのかな?

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

母親に殺されかけるとは・・・

子供の心のケアもしてあげて欲しい

引用;Yahoo ニュースより

≪ネットの反応≫

殺される寸前、滑り込みセーフ・・・よかったです、

勿論家には帰さない、戻らせない処置をしたんでしょうね・・・

引用;Yahoo ニュースより

Twitter

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする