平成29年度第45回将棋大賞 羽生善治竜王が最優秀棋士賞!藤井聡太六段は特別賞&新人賞!

平成29年度の成績が対象となる第45回将棋大賞の選考会が2日

東京都渋谷区の将棋会館で行われ、羽生善治竜王(47)が最優秀棋士賞を受賞した。

藤井聡太六段(15)は「最優秀棋士賞と同等の活躍をした」と認められ

特別賞を受賞した。藤井六段は新人賞も受賞した。

スポンサーリンク

■棋士の勲章

羽生善治竜王は昨年7月、棋聖のタイトルを防衛。

12月に竜王を奪取して「永世竜王」を名乗る条件を満たし

史上初の「永世七冠」を達成した。

11日に開幕する第76期将棋名人戦七番勝負

(朝日新聞社、毎日新聞社主催)でも挑戦権を獲得した。

藤井聡太六段は公式戦29連勝の新記録、

朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の優勝や

2017年度の記録4部門(対局数、勝数、勝率、連勝数)の1位を独占した。

記録ずくめの活躍が評価された。

広瀬章人八段と対局した朝日杯決勝は名局賞特別賞も受賞した。

■将棋

将棋(しょうぎ)は、2人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種で

一般に「将棋」というときは本将棋(ほんしょうぎ)を指す。

チェスなどと同じく、古代インドのチャトランガが起源と考えられている。

将棋界は、江戸時代の約260年間、徳川幕府の庇護を受けて

「家元制度」の元で三家(大橋家・大橋分家・伊藤家)より

世襲の名人が出て、 伝統と歴史を積み重ねてきました。

1924年9月8日に東京の棋士が団結し、「東京将棋連盟」を結成。

これが「日本将棋連盟」の礎で 2014年には創立90周年をむかえました。

スポンサーリンク

■羽生善治竜王 2017年度成績

29勝22敗   勝率.568

竜王戦(タイトル挑戦→奪取) 竜王獲得&永世七冠を達成

棋聖戦(タイトル戦→防衛成功)

王座戦(タイトル戦→防衛失敗)

王位戦(タイトル戦→防衛失敗)

A級順位戦(6勝4敗でプレーオフ進出)

朝日杯将棋オープン戦(準決勝敗退)

叡王戦(段位別予選敗退)

日本シリーズ(準決勝敗退)

■藤井聡太棋士 2017年度成績

55勝10敗   勝率.846

少年棋士登場は脅威の勝率でした。

≪ネットの反応≫

羽生竜王にはこのままタイトルを保持してもらって

いずれ藤井が羽生から竜王座を奪取するところを見てみたい。

≪ネットの反応≫

藤井聡太くん新人賞オメデトウございます。

でも、新人賞とは言え、羽生さんの最優秀賞に匹敵する快挙。

これからも、様々な偉業を期待させてもらいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする