バスケットボールの延岡学園 ジャッジに不満で審判をKOか?現場映像

≪追記≫

留学生は自主退学

2018/06/23  20:00

全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で

延岡学園(宮崎)1年の留学生(15)が審判を殴った問題で

同校は23日、この留学生を6月末までに帰国させると発表した。

本人や保護者の意向を尊重し、自主退学にするという。

また、監督を解任し、対外試合を3カ月間自粛する。

出場権を得ていた8月のインターハイは辞退する。

引用;朝日新聞

17日に長崎県大村市で行われた

全九州高校体育大会の

バスケットボール男子準決勝で

延岡学園高校の留学生選手が

審判に暴行を振るうという不祥事が発生し

SNSを通じてその模様が拡散されました。

スポンサーリンク

■記事の概要と現場

引用;FNN

映像は試合の模様から撮影が始まり

留学生が審判に近寄り右手で顔面を殴打し

殴られた審判はあおむけに倒れれる様子が

はっきり映っていました。

ボクシングなら一撃KOってことでしょうが

この場合は明らかな暴力事件になります。

審判は救急搬送され口を10針縫うケガを負いました。

試合は没収試合となり延岡学園は敗退しました。

事件を起こしたアフリカからの留学生の処遇

延岡学園の処分や関係者の処分は免れないことに

なりそうですがどんな処分になるのでしょうか?

■Twitter 現場映像 

■スポーツ留学生

日本のスポーツ界には

野球、サッカー、バスケットボール、相撲 等々

ほんとうに多くの外国人選手が活躍しています。

プロの世界がこのような状況ですから

アマチュアの世界でも外国人選手がいることに驚きましたが

今回の高校バスケットボールでも同じなのでしょうか?


部の強化のための留学生受け入れなのでしょうが・・・

基本は教育の一環としての部活動ですから

言葉も文化も違う国から来た留学生には

日本の基礎知識をしっかり教育しないと

これからもこんな事件が再発する

可能性があるのではないでしょうか。

それにしても、残った日本の生徒が気の毒ですね。

スポンサーリンク

■留学生は?

留学生は日本語が話せず、
最近は練習も休みがちで、
「国に帰りたい」と話していたという。

引用;FNN

体格は良くてもまだ子供ですよ。

遠い国にきて親戚もなく知り合いもなく

そりゃ・・・里心が付くのは当然でしょう。


ただバスケットボールが上手いだけで連れてきたのでしょうか?

心のケアは行っていたのでしょうか?

暴力はいけないのはわかるけれど

一概にそれだけでで片付けられるかな?

せっかく遠い国から夢を抱いて来た日本・・・

審判をKOした留学生の彼に対する

風当たりは弱くないでしょう・・・・

このまま競技を続けるのか?

違う道を進むのか?

今のところはわかりませんが・・・・

せっかく日本に来たのですから

たくさん学んでりっぱな大人になって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする